私の不倫出会い体験談

恥ずかしい私の不倫出会い体験談を掲載しています・・・

  • HOME >>
  • 家庭を守るために不倫をしています

18歳未満の方は退出してください

家庭を守るために不倫をしています

【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



私には妻と一人の幼い子供がいます。
私は妻と子供の為に、いつもいい夫、良い父親を演じているのです。
本当は家で愚痴の一つも言いたいのですが、良い夫を演じているため、それが出来ないでいるのです。
私は家族が幸せになるのならば、自分が犠牲になるも止むを得ないと思っています。
ですが良い夫良い父親を演じるのはとても疲れ、時には息抜きをしたいなと思うようになったのです。
そこで私は家では息抜きが出来ないので、外で息抜きをする事にしたのです。

息抜きと言ってもお酒を飲んだりするのではなく、女性と一緒に居る事で息抜きをしようと考えたのです。
妻の事は愛していますが、妻の前では素の自分を出す事が出来ないので、別の女性の前で素の自分をさらけ出そうと考えました。
そして私はそんな女性を見つけるために、出会いサイトを利用しだしたのです。
出会いサイトは前から良く見ていましたが、使うのは今回が初めてでした。
息抜きのためとはいえ、妻以外の女性と会おうと言うのですから、一抹の罪悪感がありました。
ですが既に息苦しくなっていた私は、罪悪感よりも息抜きをしたいと言う気持ちの方が強かったのです。

出会いサイトを使い始めてみたものの、なかなか女性と会う事すらできませんでした。
ですが私は諦める事なく、出会いサイトを使い続けたのです。
そしたらその甲斐があり、私は一人の女性と出会いました。
彼女は妻とは違って落ち着いた感じがして、ぽっちゃりとした体型をしていました。
私はこの女性に対して、安心感のようなものを感じたのです。
それから私たちは度々会い、他愛ない話をしたり、食事をしたりして、徐々に仲を深めて行ったのです。
そしてついに体の関係を結び、不倫関係に成ったのです。

私は妻と結婚からというもの、妻以外の女性と関係を持つ事はありませんでしたから、彼女の裸を見た途端に、言いようもない興奮をしてしまったのです。
不倫していると言う背徳感も手伝って、これまで感じたことがない快感を味わうことが出来たのです。
私は彼女の前では素の自分を出し、欲望のままに彼女を抱きました。

不倫はいけない事だと思いながらも、私は素の自分を出すことが出来、息抜きをすることが出来るようになりました。
私は家庭を守る為に、家庭を壊す恐れがある不倫に手を出してしまったのです。

「30代|会社員」


【完全無料】人妻不倫物語



目次



  1. 10年前の不倫、10年後の不倫

  2. 詐欺写メをのせる不倫妻たち





10年前の不倫、10年後の不倫



彼女と知り合ったのは趣味の掲示板でした。
ロックバンドが好きで、そのミュージシャンの掲示板で意気投合。
その後メールや電話で話をするようになり、Liveのときに実際に会うことになりました。

声は知っていましたが、実際に会うのは初めてだったので、少しだけ緊張しながら会場で待っていたところ、ケータイに電話がかかってきました。
彼女からです。
彼女も会場に着いたようで、周りをぐるっと見回しました。
すぐに彼女のことがわかりました。

小さくて、とても可愛らしい女性。
可愛い声だったので、イメージ通りです。

初めて会うにもかかわらず、とても初めて会った感じがしません。
すぐに打ち解け、僕は彼女のことが好きになりました。

Liveが終わり二人でご飯を食べて帰ることになりました。
音楽の事やお互いの事、いろんな事が喋りました。
そこで彼女から出た言葉。

実は結婚していて、子供がいるというのです。
僕は恋心が芽生えていましたが、彼女の方は音楽好きの友達のうちの一人という思いなのでしょう。
僕はそれでも、ただ一緒に楽しく過ごせるだけでいいと思いました。
そこからちょくちょく会うようになり、いずれ僕の家にも泊まるようになりました。
この関係が崩れるのを恐れ、彼女の本心は聞かないまま。

世間から見れば、不倫関係です。

結局彼女と結ばれたのは、その後すぐです。
お互いに激しく求めあうようになったのですが、数日後から彼女との連絡が一切とれなくなったのです。

それから10年。

突然フェースブックで彼女から連絡がありました。

あの時、僕との関係を続けていくことは、僕にマイナスになると思って、身を引いたこと。
旦那さんと離婚し、一人で子供を育てていたこと。

僕はその後別の女性と結婚しました。
あの頃とは立場が逆転です。

今も彼女のことが一番大切な存在であり、一緒に過ごしたいという思いが強かったのです。

たままた、同じLiveに行く機会があり、10年振りに彼女と会うことができました。
10年経っても彼女の魅力は変わりません。

あのときと逆の立場で今付き合っています。

43歳/会社員

【完全無料】不倫パートナーズ〜地域版〜




目次に戻る

詐欺写メをのせる不倫妻たち



出会い系サイトで写メールを載せている不倫妻がたくさんいる。
旦那のバレたらどうするんだろう、馬鹿だなって私はいつも思っている。
中でも注意するのは画像にプリクラの写真を載せている女だ。
こういう女の場合、決まってブスが来る事が多い。
ブスは何故かプリクラが好きだ。たくさんプリクラを取っていてどれも奇跡の角度で写っている。
私はどうしたらそんな顔が出来るのか変形するんじゃないかと不思議に思う。
私が知り合った女で本当に違う人が来たんじゃないかと思った体験をした。
女は35歳の人妻で画像がプリクラだった。プリクラの写真がすごく若く見えて、かわいかったので会う事にした。
待ち合わせ場所は駅だったが、プリクラのような女性はいなかった。
その代わりにフリフリのワンピースを着たブスな陰気臭い女がいた。
念のため電話をかけてみたら、その女が出た。
私は自分がサイトで使ったポイントが馬鹿らしく思えてきてこの女の不倫するかどうか迷った。
結局良心が痛んだので、この女に声をかける事にした。
女はたくさん話しかけてきたので、人目が悪いので取り合えず車で移動する事にした。
自分の心の整理がつかなかったので、取り合えず最初に海に行く事にした。
海は寒くて周りにかわいい女を連れたカップルを見ると自分がひどくみじめになった。
こうなるともうどうにでもなれという気分になり、女とラブホテルに行く事にした。
ラブホテルに行くと女はすぐに私のチンコにしゃぶりついてきた。
女はフェラチオがうまくてチンコが立った事がショックだった。
もうこうなると女に早く射精して帰りたくなった。
女はキスを求めてきたが、したくなかったのでバックですることにした。
女は感じていろいろ声をあげたが、その声に興奮して結局3回もしてしまった。
自分はブスでもいけることが今回の経験で分かり、この女と不倫を何度もしてしまっている。
この女とは車でも外でも出来るので、金がかからないのがいいので今でも溜まった時は呼び出して公園の便所などでバックで中出ししている。
コンドームに金をかけるのももったいないと感じている。

【33/フリータ】

【完全無料】不倫広場



目次に戻る



PAGE TOP

恥ずかしい私の不倫出会い体験談を掲載しています・・・
Copyright (C) 2014 私の不倫出会い体験談 All Rights Reserved.