私の不倫出会い体験談

恥ずかしい私の不倫出会い体験談を掲載しています・・・

  • HOME >>
  • 冷え切った夫との関係が私を不倫に走らせた!

18歳未満の方は退出してください

冷え切った夫との関係が私を不倫に走らせた!

【完全無料】で人妻と出会い
↓↓↓↓↓



良太の唇から、まるで蛇の如く舌が出入りしている。
舌先が軽く触れただけなのに、真理の口元から甲高い歓びの声が迸った。慌てて両手で口を塞いだものの、ゆっくりと女裂を割り、濡れた舌先が女壺の周りをチロチロと舐めると、無垢な少女が恥ずかしがるような小声を口走って下半身をくねらせた。
(ダメぇ。そんなとこ舐められたら感じちゃうから、ダメぇだって)
淫靡な愛液がとめどなく溢れ出し、女壺から会陰部へ、そして肛門へ流れていく。良太の舌は、時には柔軟に、時には強靭に、真理の肉壺を吸い上げている。そ微妙な摩擦感が、真理の股間を生き物のようにうねらせた。

山崎真理が不倫出会い系サイトで良太を知ってから、約二カ月が過ぎていた。
夫・雄介との結婚生活は冷え切っていた。ただ同じ屋根下に住んでいる同居人と言ってもいい存在だった。そんな不満を高校時代の友人・奈菜に打ち明けてみた。
「新しい出会いが必要なのよ、今の真理には・・」
何を言いだすのかと思えば、不倫を勧める提案だった。奈菜が教えてくれた出会い系サイトに、最初はさほど興味が湧かなかったが、セックスに飢えた真理にとって、不倫という言葉はある甘美な響きを持っていた。日を追うごとに、不倫という言葉が真理の心の中に居座り、大きくなっていった。寝ても覚めても、その妖しい響きが、真理の体に蛇の如く纏わりつき、決して離れようとはしなくなった。
そんな思いが、真理を出会い系サイトに走らせたのだろう。
プロフィールを登録し、顔写真を掲載すると、メールボックスに溢れんばかりのメールが届いた。その中から、自分の好みに合った数人を選び、返信してみた。全員が直ぐに返信してきたが、文面が一番真面目だった良太に心惹かれた。
それから数週間、お互いに色々なことをメールで話し合った。特に夫との関係について相談に乗って貰った。
良太は、私の愚痴に辛抱強く付き合ってくれた。そんな彼の気持ちが嬉しくて、実際の彼に会ってみたくなったのだ。

初夏の匂いが街中に溢れていた。
穏やかで力があって、苦しいほどの匂いだった。
水色のカットソーワンピースを身に纏った真理は、白のハイヒールを履いて、街を闊歩していた。
良太との初デートは、大通り公園脇にあるカフェで始まる。爽やかなそよ風が、真理の頬を撫でていった。

これから不倫に走る妻の表情など、微塵もなかった。
あるのは、真理の頭上にある真っ青な空だけだった。

(38歳、主婦)

淫乱な不倫人妻はどうですか?


目次



  1. 不倫出会い|思い出がこびり付く初めての不倫

  2. 不倫出会い|最高に気持ちいい出会い





不倫出会い|思い出がこびり付く初めての不倫



私の地元だと不倫の定番は道の駅で夜に待ち合わせをして、そこからの夜遊び、火遊び、密会となっていて、私も前の不倫相手との時は、その手段を利用していた口です。
その相手とはウェブサイトで知り合い、身体の関係を持つようになり、2ヶ月に1〜2回程度の頻度で合っていました。ただ、その相手の転勤により引っ越しが決まってしまったとの事で、約2年半の不倫生活も泣く泣く終わってしまいました。
秘密を共有しているスリリング、配偶者には話せない無邪気な話や秘密、とろける様な生暖かいエロティカルな一時。
ここまでの世間一般的に不倫と呼ばれている様な関係になるまでの期間を思い出せば、何気に長い時間が掛かった気がします。
身体の関係になってしまった頃には、そんな事など頭の片隅の方にしまわれていたのでしょうけれど、最初は何気ない趣味のやり取りで、年齢も近いせいか音楽や芸能や若い頃の流行り等で盛り上がる事が多々あり連絡が来る事をそわそわと楽しみにしていました。
ただ、お互い家族を持っている身、この段階でも不倫だったのかもしれませんが、連絡のやり取りは不定期で長い時で一週間返事が返ってこない事もありましたし、返ってこない返事に苛立ちが無かった事は、きっと家族を持っている事で時間が取れないときがある事に共感が持てる部分があったからではないでしょうか。
会社の話で飲み会の話からお酒の話となり冗談でお酒を飲もうという事から二人きりで会う事になり距離は一気に急接近して、その日に身体の関係になりました。
この時までお互いは出会わなかったけれど、その間に身に付けて来た夜のキャリアを自分の配偶者にぶつけ合う快感や時間が癖になり、その後から定期的な関係になりお互いが誘い合う形となりました。
終りが決まった時は自分も潮時だなと諦めていたものですが、時が過ぎれば、あの時間や空間への欲がまるで禁断症状の様に押し寄せてきて、前回同様に新たなパートナーを探しにウェブサイトを立ち上げてしまった次第です。

35歳会社員

不倫・・・いっぱい出して!



目次に戻る

不倫出会い|最高に気持ちいい出会い



結婚して6年の主婦です。子供はいません。
だんなとはとても仲が良くて毎日楽しく過ごしています。

でも、1つだけ辛くて悲しい事があるんです。
それはだんな拒否のセックスレスなんです。
もう4年していません。
だんなは浮気しているわけでもなく毎日仕事が終わるとまっすぐ家に帰ってきています。
あまりにも辛いのでだんなに見せつけるようにオナニーをしたりしてました。
でも、なんの興味も示さず隣の部屋で寝てしまうんです。

不倫なんてダメだよって思いとセックスがしたい!って気持ちが今まで交互に浮かんで想像だけしていました。
でも、とうとうオナニーだけでは物足りなくなってきてしまって初めて出会い系サイトにアクセスしました。
いろんな人がいるなぁって見ていると、すごくダンディな私のすごくタイプな人がいたので何回か連絡をとり会う事になりました。

駅で待ち合わせをしました。
すごく緊張しましたが実際話してみるとすごく話しやすくて感じが良かったです。

彼の車に乗るとすぐに彼が「持ってきてるの?」って聞いてきました。
私はうんってうなづきました。

彼は「見せて」って言ってきました。
私は恥ずかしくて汗が出てきてしまいました。
「なんか恥ずかしいよ」っていうと「大丈夫だよ」って言ってキスをしてきました。
私は自分の大きなカバンから電マと極太ディルドを出しました。
それは私がいつも愛用しているものです。

「やらしいね」って言いながら私のクリトリスをクリクリしてきたんです。
すでにグチョグチョに濡れていたおまんこに、私のディルドを入れてきました。
「すごい。極太のディルドを咥えてる姿が最高だよ」って言いながらピストンをしてきます。
私は窓の外を見ると人がたくさん歩いているのが見えます。
どんどん興奮してきて「早くホテルに行こうよ・・」って言っちゃいました。
「だめだよ。ここでイッてからね」って言うんです。
おっぱいをたまに外の人に見えるようにシャツのボタンをはずしてブラを下にずらすんです。
人はたくさん通るけどその様子は気づかれてないようです。

彼のズボンの上からおちんちんを初めてそこで触ってみました。
すごく固く大きくなっているのがわかりました。
彼のおちんちんをズボンから取り出し、シコシコしてみました。
すると彼はアッって言って感じてくれてるようです。

彼はディルドの動きを早くしてきて私はイッしまいました。
私がイッた姿を見て「俺、すごく興奮した」って言ってくれました。

彼のおちんちんは直角に勃起しています。
彼のおちんちんを握ってみました。
改めて見て触ると私の持ってきたディルドより大きいんです。
早く入れて欲しくて欲しくてたまらなくなって「早くホテルにいこうよ」っておねだりしました。
「じゃあ握っててね」って言うので握っていたら・・先っぽがヌルヌルしてきました。
私は「エッチな汁が出てるよ」って言うと彼は「俺も興奮してるから・・・」って一言。
そのままホテルに直行しました。

部屋に着いた途端、激しくキスをしてバックから大きなおちんちんを挿入されました。
久しぶりの生のおちんちんに興奮はマックスです。
感じて感じてすぐにイッちゃいました。
彼もすぐに私のおしりのほっぺに熱い精液を出してました。

一緒にお風呂に入りイチャイチャしていると本当の恋人同士みたいです。
でも彼にも奥さんと子供がいるW不倫でした。

どうやらセックスの相性はすごくいいみたいで毎回中イキできます。
だんなとは毎回ではなかったので彼にハマってしまいました。
それから月に2回は会って最高に気持ちいいセックスとオナニーの見せ合いを楽しんでいます。
カーセックスにもやみつきになっちゃいました。
不倫なんだけど、その時は二人だけの世界で最高です。

専業主婦 28歳

不倫アポなら


目次に戻る



PAGE TOP

恥ずかしい私の不倫出会い体験談を掲載しています・・・
Copyright (C) 2014 私の不倫出会い体験談 All Rights Reserved.